平成21年度『ものづくり中小企業製品開発等支援補助金制度』実験結果

環境対応型新素材 鉛レス・カドミレス黄銅材料の金型鋳造技術を活用した 鋳造性・材料特性の把握と新素材黄銅製鋳物部品の金型鋳造量産化技術の確立。

この試作実験は国の試作開発等支援事業を活用し㈱キタムラフォーセットが企画および実験・試作を実施いたしました。

銅合金にもPbやCdの含有量を考慮した環境対応型素材が既に流通しております。素材だけでなく、製造方法にも着目しメリットの出る環境対応型素材の活用方法の追求を今後も継続してまいります。

本事業の素材購入先および協力企業様

材料名称 協力会社名
エコブラス(シルジン青銅系) 三菱伸銅(株)
エコビスマス(シルジン青銅系 ビスマス入り) Jマテ・カッパープロダクツ(株)
エコブロンズ(シルジン青銅系 ビスマス入り) Jマテ・カッパープロダクツ(株)
BZ(ビスマス系黄銅) サンエツ金属(株)
黄銅キーパロイ 耐脱亜鉛対応なし(ビスマス+セレン系黄銅) (株)キッツメタルワークス
黄銅キーパロイ 耐脱亜鉛対応あり(ビスマス系黄銅) (株)キッツメタルワークス
C87800 SiliconBrass 米国規格材料 ASTM C87800 Jマテ・カッパープロダクツ(株)
CAC203 金型鋳造用一般黄銅(鉛入り) -

実験対象物・素材

試作物:ボールバルブ用ボール

実験対象物・素材実験対象物・素材

試作対象製品詳細

球直径(A)
Φ104mm(鋳物状態)
Φ102mm(機械加工後)
流体通路(B)
Φ63mm(鋳物状態)
Φ65mm(機械加工後)

設定肉厚

本試作
鋳放 t = 3 . 8 m m
加工後 t = 2 . 5 m m
予備試作品
鋳放 t = 4 . 7 m m
加工後 t = 3 . 7 m m

鋳造方法

重力金型鋳造法

実験対象材料

  • 市場で調達可能な環境対応型新素材鉛レス・カドミレス黄銅材料 6種類
  • 米国規格に登録のある鉛レス・カドミレス黄銅 1種類
  • 金型鋳造で一般的に使用される一般黄銅材(比較の為対象に加える)1種類
材料名称 国内規格 米国規格/登録名等
M1.エコブラス
(シルジン青銅系)
JIS CAC804 シルジン青銅4種 CDA C87850 ECO BRASS
M2.エコビスマス (シルジン青銅系 ビスマス入り) - CDA C89841 Copper-Bismuth Alloy
M3.エコブロンズ (シルジン青銅系 ビスマス入り) - -
M4.BZ(ビスマス系黄銅) ※JIS C6802 CDA C49340 Bismuth Brass Alloy
M5.黄銅キーパロイ 耐脱亜鉛対応なし (ビスマス+セレン系黄銅) C6803 -
M6.黄銅キーパロイ 耐脱亜鉛対応あり (ビスマス系黄銅) - -
M7.C87800 Silicon Brass 米国規格材料 ASTM C87800 - ASTM C87800 Silicon Brass
M8.CAC203 金型鋳造用一般黄銅 (鉛入り) CAC203相当 ASTM C85700 Leaded yellow brass
※H22年5月20日改定JISH3250において新規に規格化されました。資料作成時点(H22年7月)において対象材料はJISを取得しておりませんが、今後取得予定の為JISと記載致しました。